Q & A

よくある質問

ライディング写真

トラブル編

(1)携帯に以前登録していたインカムのペアリング情報を解除してから再度繋ぎなおしてしてください。
(2)携帯のブルートゥースは、ONになっていますか?
(3)CARDOインカムと携帯電話は、ペアリングモードになっていますか?
(4)登録するブルートゥース機器以外の電源を落としてペアリングして下さい。
(5)CARDOインカムのマニュアルを参照して、ペアリング情報をリセットして下さい。
(6)すぐ近くで、電子レンジ、コードレス電話、無線LANなどの強い電波を発生させる機器が使用されていませんか?直近でそれらの機器が使われている場合、それらの機器から離れて、再度ペアリングを行って下さい。
(1)CARDOインカムと携帯電話は、電源ONになっていますか?
(2)過去にペアリングした別の携帯電話ではないですか?
携帯電話の登録は、2台までの登録となっていますので、新しく別の携帯を登録した場合、前の携帯のペアリング情報が上書消去されます。再度、ペアリングをして下さい。
(3)長い間、使用せずに保管していませんか?
バッテリーが完全放電した為に、ペアリング情報が消えた可能性があります。その場合は、充電を行った後に再度、ペアリングを行って下さい。
(4)ペアリング情報のリセット操作又は、工場出荷状態にリセット操作しませんでしたか?
ペアリング情報のリセット操作、場出荷状態にリセット操作した場合、全てのペアリング情報がリセットされます。再度、ペアリングを行って下さい。
(5)すぐ近くで、電子レンジ、コードレス電話、無線LANなどの強い電波を発生させる機器が使用されていませんか?
直近でそれらの機器が使われている場合、機器から離れてからお試しください。
(1)インカム通話の開始(アクティベーション)を行いましたか?
 インカム通話を開始してください。
(2)ボリュームが最小になっていませんか?
インターカム通話中にボリュームを上げてみて下さい。
(3)マイクの向きは正しいですか?
マイクの位置は、口の前5mm前後が適切な位置になります。なるべく、口元にマイクを近づけて下さい。マイクジェット用のアームマイクは黄色い「▶」マークが口元にくるようにして下さい。
(4)各コネクターがきちんと接続されていますか?
スピーカー、マイクのコネクターの接続を確認して下さい。
(5)バッテリーの残量は、十分ですか?
バッテリーの残量が少なくなっている可能性があります。バッテリーの状態を確認して、充電を行って下さい。
(6)ペアリングは、行いましたか?又は、失敗していませんか?
ペアリングを行っていない、若しくは、ペアリングに失敗した場合は、インターカム通話出来ません。再度、ペアリングを行って下さい。
(1)音楽を聴いていた状態から、通話に行った場合は、CARDOインカムの再生ボタンを再度押して下さい。
(2)音楽を聴いていなかった場合は、CARDOインカムの再生ボタンを一回押して下さい。
ペアリングする機器のみBluetooth機能をONにして下さい。
例えば、インカム2台と携帯電話1台をペアリングする場合、インカム2台をペアリングする時には、携帯電話のBluetooth機能をOFFにしてペアリングして下さい。
次に携帯電話とインカムをペアリングする時、携帯電話とペアリングしないインカムの電源をOFFにしてペアリングして下さい。
この様にペアリングとは関係のない機器の電源又は、Bluetooth機能をOFFにしてペアリングして下さい。
DMCモードだと機種に関係なく音楽が聴くことできますがBluetooth接続の場合はAndroid以外は音楽が流れなくなります。
下記3点ご確認ください。

音楽再生の操作がうまく出来ていない可能性がありますので、再生の操作を再度お試しください。
インカム通話をしていない状態で音楽やFMラジオが聞こえるか確認をしてください。
Cardo Community に接続し、「同時音声ストリーミング」の項目がONになっているか確認してください。

基本編

2.4GHz帯の周波数を使用する、免許不要の短距離デジタル無線通信方式のことです。
携帯電話、パソコン、パソコン周辺機器、ゲーム機、家電製品など、Bluetoothインターフェースを持つ機器同士を無線で接続し、音声やデータのやり取りが可能です。
ジャンルを超えた機器や製品に搭載されているBluetoothは、機器同士の通信を成立させるためのルールを持っています。このルールを「プロファイル」と呼びます。
プロファイルはBluetooth機器の種類や機能によって様々な種類が定められており、異なるメーカー、異なる機器であっても、同じプロファイルを持っていれば、そのプロファイルに即した通信とやり取りができる仕組みになっています。
特定の機能を使う場合は、その機能に即したプロファイルが双方の機器に実装されていなければなりません。

■代表的なBluetoothプロファイル
HSP(Headset Profile)
→Bluetooth搭載のヘッドセットと通信するためのプロファイル
HFP(Hands-Free Profile)
→ヘッドセットなどで電話のハンズフリー通話をするためのプロファイル
A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)
→音楽をレシーバー付きヘッドホンなどに送信するためのプロファイル
AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)
→AV機器のリモコン機能をコントロールするためのプロファイル
GAP(Generic Access Profile)
→機器の接続、認証、暗号化を行うための汎用アクセスプロファイル
ICP(Intercom Profile)
→2台の電話機やヘッドセット同士で直接通話するためのプロファイル
DMC(ダイナミック メッシュワーク コミュニケーション)はCardo独自のワイヤレスソリューションであり、グループ内の各ライダーの走行位置の変化にかかわらず、最大15人のライダー間で連続的なインカム会話を維持できます。
高度に網目状に張り巡らされたネットワークは、1人または複数の参加者が何らかの理由で離脱した場合であっても、通信が切れずに会話を続けることが出来ます。
違います。無線機は通話時に発信と受信を切り替えますが、Bluetoothインカム同士の通話は携帯電話と同じように双方向の会話が可能です。
必要ございません。
日本国内で使用可能です。
総務省が管轄する電波法に関するTELEC(テレック)の認証を得ております。
ミュージックプレイヤーの音楽を聞く、ナビの音声を聞く、携帯電話のハンズフリー通話をする、ライダー同士での会話やタンデムでの会話をすることが出来ます。
Bluetooth機器は最大通信範囲に1m、10m、100mと三種類の製品がありますが、それらは使用可能範囲の目安として示されており、「それ以上電波が到達してはいけない」という法律上の制限事項ではありません。
日本の電波法は機器が出して良い周波数、電波の形式、電波出力が規定されており、CARDO製品は認証された試験機関でこれらの試験を受けた上で適合証明書を取得しておりますので完全に合法的にご使用いただけます。
はい、防水仕様です。 IEC及びJISの防水保護等級7級(IPX7)の認可を取得しております。
ただし、完全防水ではありませんので、雨天時の長時間使用はお控え下さい。
雨に長時間さらされる状況での使用、水没、また濡れたままの放置は絶対にやめて下さい。
本体内部などに水が入り込み、基板やバッテリーのショートや故障につながる原因となります。
台風やゲリラ豪雨の中での使用は極力避け、濡れた本体は乾いた布などで速やかに拭いて下さい。
またこれらの要因による故障は保証の対象外となりますので、ご注意下さい。
とても簡単です。
ヘルメット内部の耳にあたる部分に付属のマジックテープを貼り付け、マジックテープにスピーカーを貼りつけるだけです。
同じです。
シングルユニットとDUOユニットそれぞれのセットに入っている本体ユニットは同じものとなっています。
シングルユニットは本体およびスピーカーが一人分、DUOユニットはそれらが二人分同梱されています。
もちろん、仕様・機能も全く変わりません。但し、マニュアルや保証書は、1セット分しか入っておりません。
本製品はオートバイ専用に設計されており、各種機能が有効に働き走行中でもはっきりした音で会話が可能です。
具体的には、
(1)AGCテクノロジーを採用することにより、スピードや周囲の環境音に応じて、ボリュームがスムーズかつ自動的に調整されます。
(2)ノイズフィルタリング機能がついているため、高速運転中に不要な音声が入らずクリアに会話できるようになっております。
はい、取り付け位置は音質に大きな影響を与えます。
その為スピーカーは出来る限り耳の穴の近くに取り付けて下さい。
音質を改善したいと思われる方は、色々、スピーカーの取り付け位置をかえて試してみる事をお勧めします。
全機種携帯電話を計2台接続可能です。
どちらもHFPプロファイルとA2DPプロファイルに接続いたします。
距離が短いほうの通信距離になります。常に距離が短いほうに合わせられるとお考え下さい。
携帯電話は2機種まで記憶致します。インカム側は3台(Bluetooth接続の場合)となります。
雨天走行後すぐにマウントから本体を取り外してください。
本体とマウントそれぞれをできるだけ早くタオルなどを使用して水分を拭き取ってください。
十分に水分が乾くまで風通しのよいところで乾かしてください。
特に本体とマウントが接触する部分は腐食による故障を防ぐため水分が残らないようにしてください。
スピーカーやマイクなどの付属品も水分が残らないように拭き取ってください。
IP67規格を取得しており、簡単に分解できない作りとなっているためバッテリーは交換できません。
本体を充電しながらの使用は可能です。 ただし、下記にご留意ください。
雨天時は接触部の腐食の原因となりますので、充電しながらのご使用はお止めください。
突発的なアクシデントによりコネクター部に負担がかかると本体が破損する可能性がございますので、十分ご注意ください。
保証期間は購入時から2年です。
スピーカーやマイク、マウントなどの本体以外の付属品は初期不良と認められるもの以外は保証対象外となります。
商品の初期不良扱いは、お客様ご購入後30日です。
30日以降のお問い合わせは無償・有償を含む通常修理として対処致します。
全ての Bluetooth 機器の接続保証を行うものでは有りません。
又、接続後の動作は、接続された機器に依存される場合が有りますので、他社製品の動作は一部正しく作動しない場合が御座います。
近隣のプロショップ店舗にデモ機が用意されておりますので、ご購入前に動作確認をお願い致します。
動作を全て保証する訳ではありません。
接続後の動作は、接続された機器に依存される場合が有りますので、一部機能が正しく作動しない場合が御座います。
近隣のプロショップ店舗にデモ機が用意されておりますので、ご購入前に動作確認をお願い致します。
ペアリングとは、どのBluetooth機器と無線接続するかを決める登録作業のことで、登録された機器とだけ接続を許可します。
第三者のBluetooth機器との不意の誤接続、あるいは悪意ある接続・乗っ取り・盗聴などを防止するための仕組みで、Bluetooth機器は使用前に、このペアリングを行い、機器間の認証を済ませなければ接続できないように作られております。
DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用し、会話中の音声だけを抽出することにより、風切り音やエンジンノイズ等のノイズを取り除くことです。
この機能により、高速運転中にもクリアに会話できるようになっております。
必要です。
DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用しノイズキャンセリングを行っておりますが、さらに風切り音のノイズを軽減させる為に、メカニカル的にもノイズを軽減させております。

操作編

各モードで最後にペアリングをやり取りした情報は電源を切っても本体に記憶されているため、電源を入れるたびにペアリングする必要はありません。ただし、下記にご留意ください。
Bluetooth機器を長時間使用せずに放置してしまった場合は、バッテリーの自己放電などといった理由で過去のペアリング情報が消えてしまう可能性がございます。
リセット作業や修理などを行った場合も、ペアリング情報が消去され初期設定(工場出荷状態)に戻ることがあります。その場合は再度ペアリングを行っていただく必要があります。
ペアリング直後はデータを共有した状態ですが、繋がっておりません。
接続を有効するためにはアクティベーション(インターカム通話の実行)を行う必要があります。この操作は簡単に行えます。
FREECOM1以外のモデルで他社インカムとインターカム通話出来ます。
CARDOのインカムに他社のインカムを携帯電話として登録する方法と、他社インカムにCARDOのインカムを携帯電話として登録する2通りがあります。
ペアリングの方法は、マニュアルを参照願います。
※携帯電話として登録された他社インカムにおいて、既にペアリングが完了している携帯電話の接続が切断されることがあります。
PACKTALKシリーズとFREECOM「4」と「2」には、ジェットヘルメット用にご使用いただける「アームマイク」とフルフェイスヘルメットにご使用いただける「ケーブルマイク」の両方が付属しております。
FREECOM「1」はアームマイクのみ付属となりますが、アクセサリーで「ケーブルマイク」がございますので、別途購入いただけます。
PACKTALKシリーズは最大15台、FREECOMシリーズは「4」が4台、「2」が2台となります。
FREECOM「1」は一人用で設計されておりますので、インターカム機能が付いておりません。
空の状態から約4時間で満充電となります。
※1A以上の出力があるUSB充電器を使用の場合。
標準設定は以下のような優先順位となっています。
携帯(HSP/HFP)
インターカム通話(ICP)
音楽(A2DP)
音楽再生中にインターカム通話又は、携帯から着信があった場合、音楽再生は中断され、インターカム通話又は、携帯の着信動作となります。 インターカム通話中に携帯電話の着信があった場合は、インターカム通話は、切断され、携帯電話の着信動作となります。
優先順位はCardo Communityに接続することによって変更が可能です。

取付編

(1)スピーカーの装着位置をご確認ください
スピーカーの位置がきちんと耳の位置に左右それぞれ正しくセットされていないと、左右の音の聞こえるボリュームが変わってきます。
(2)スピーカーのコネクターが確実に接続されていることをご確認下さい。
(3)携帯電話、ミュージックプレイヤー、ナビ等のオーディオバランスを確認して下さい。
接続しているミュージックプレイヤー、ナビ、携帯電話などの機器側での出力音量を調整して下さい。
CARDO製品は各モードごとに音量設定ができますので、ご使用いただくモードで音量調整を行ってください。
マイクの位置は、口の前5mm前後で左右の犬歯の間が適切な位置になります。
なるべく、口元にマイクを近づけて下さい。
マイクジェット用のアームマイクは黄色い「▶」マークが口元にくるようにして下さい。
特にフルフェイスでは耳との隙間が少ないので弊社のスピーカーでも人により痛くなるケースがあります。
そのような場合、内装スポンジを削ることや、場合によってはヘルメットを大きい物に変えることをお勧めします。
(1)ペアリングは、行いましたか?又は、失敗していませんか?
ペアリングを行っていない、若しくは、ペアリングに失敗した場合は、インターカム通話出来ません。再度、ペアリングを行って下さい。
(2)ボリュームが最小になっていませんか?
インターカム通話中にボリュームを上げてみて下さい。
(3)マイクの向きは正しいですか?
マイクの位置は、口の前5mm前後が適切な位置になります。なるべく、口元にマイクを近づけて下さい。マイクジェット用のアームマイクは黄色い「▶」マークが口元にくるようにして下さい。
(4)各コネクターがきちんと接続されていますか?
スピーカー、マイクのコネクターの接続を確認して下さい。
(5)バッテリーの残量は、十分ですか?
バッテリーの残量が少なくなっている可能性があります。バッテリーの状態を確認して、充電を行って下さい。
ペアリングする機器のみBluetooth機能をONにして下さい。
例えば、インカム2台と携帯電話1台をペアリングする場合、インカム2台をペアリングする時には、携帯電話のBluetooth機能をOFFにしてペアリングして下さい。
次に携帯電話とインカムをペアリングする時、携帯電話とペアリングしないインカムの電源をOFFにしてペアリングして下さい。
この様にペアリングとは関係のない機器の電源又は、Bluetooth機能をOFFにしてペアリングして下さい。
全モデルで使用可能です。
携帯電話をモバイルデバイス1へ、ナビをモバイルデバイス2に登録(ペアリング)してご使用下さい。
(注1)携帯電話での通話中及びインカム通話中は、ナビの音声を聴くことができなくなります。
(注2)携帯のアプリによってはナビとの切り替わり後に音楽が停止してしまうことがございます。
以下のことを確認して下さい。
(1)CARDOの電源を一度切って、再度電源を入れて下さい。
(2)接続されているブルートゥース機器(携帯、ナビ、ミュージックプレイヤー)の電源を一度切って、再度電源をONにして下さい。
(3)マニュアルを参照して、工場出荷状態にして下さい。工場出荷状態になった場合、ペアリング情報が消えてしまいますので、再度ペアリングを行う必要があります。
アラートを鳴らすような機能はありませんが、通信可能限界距離に近づくと通話中に音声が途切れたり、ノイズが聞こえるようになります。
さらに離れると通話が切れます。
再度通話開始をするには2台が近づいた後にインターカム通話を再開させてください。
アラートを鳴らすような機能はありませんが、通信可能限界距離に近づくと通話中の音声が途切れたりします。
さらに離れると通話が切れます。
再度通話開始をするには離れた1台がDMCモードのままグループに近づくと自動的に通話が再開されます。
フルフェイス、ジェットヘルメットであれば大抵のヘルメットに装着が可能です。
但し、ハーフキャップタイプの物は、装着不可です。
(1)電源をOFF/ONしてもう一度お試しください。
(2)呼出するインカムの電源がONになっていることを確認し、それでも繋がらない場合はこちらの電源をOFF/ONしてもう一度お試しください。
(3)(1)、(2)を試してもダメな場合は、ペアリングに失敗している可能性があります。
再度、ペアリングを行って下さい。
故障ではございません。
CARDOは無音中の快適性向上のため、会話が途切れている際に相手側に必要のない雑音を流さないように、30秒程度無音状態が続くと音声をカットしています。
防水ではありません。水分が付着した際はすぐに拭き取って乾かすようにしてください。
CARDOインカムに使用している電池は、長期保管をすると過放電により電源が入らなくなる可能性がございます。
長期保管する前に一度満充電し、2か月に一度は1時間程度充電を行ってください。
付属品には貼り付けブラケットも付属しておりますので、ブラケットを交換し取付をお願いいたします。

ピックアップ

FREECOM1以外のモデルで他社インカムとインターカム通話出来ます。
CARDOのインカムに他社のインカムを携帯電話として登録する方法と、他社インカムにCARDOのインカムを携帯電話として登録する2通りがあります。
ペアリングの方法は、マニュアルを参照願います。
※携帯電話として登録された他社インカムにおいて、既にペアリングが完了している携帯電話の接続が切断されることがあります。
PACKTALKシリーズは最大15台、FREECOMシリーズは「4」が4台、「2」が2台となります。
FREECOM「1」は一人用で設計されておりますので、インターカム機能が付いておりません。

ご購入前にご確認ください

弊社でサポートいたします商品は岡田商事が輸入し各販売店に販売した製品のみとなります。
弊社が輸入していない製品は大きく以下の部分が違うため、お問合せいただいてもご対応できませんのでご了承ください。

  • 日本語対応のボイスコマンド
  • 日本で使用する際に必要となる電波法の取得(背面にTELECマーク記載)
  • 日本独自の保証書
  • 製品化粧箱